ふと思いついたこと
by namuko06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
怒りと悲しみ
Excite エキサイト : 国際ニュース

ミャンマーで長井さんが亡くなった。ご冥福をお祈りします。ご遺族、関係者の方々の悲しみ、怒りを考えると、言葉もない。

ミャンマー政府の「外国メディアはゆがんだ情報を伝え混乱をあおっている」という言葉は、独裁政権が必ず吐くコメントである。天安門事件時の中国、北朝鮮、かつてのイラク、ネパール、イラン、などなど。数え上げればきりがない。第三者が敵意を持って自分を見ているという意識は、自分(政府)が行っている行為を客観視できないからである。倫理に対するフィードバックが失われたからこそ、武器を持たない人間を至近距離で銃殺できるし、後ろから撃てるし、尊敬を集めるべき僧侶の衣服を剥ぎ蹂躙することができるのだ。

許せぬ。

こんな中、町村官房長官の野党党首訪問で、「自衛隊引き上げて」と笑いながら言う政治家がいるとは、なんとなさけない。テロ特措法での海上給油活動が、日本の石油輸入のタンカーをまもる、外国軍隊のためであることを、なぜ知らないのだ。日本による海上給油活動が滞れば、当然インド洋、中東付近の海の航行は不安定になる。ますます原油輸入リスクが増大するのだ。そのことを知らず、ミャンマーで亡くなった長井さんへの追悼の言葉もなく、自分たちのイデオロギーだけを主張する輩は、政治家ではない。

NHKのニュースで、ミャンマーの日本大使館公使が、電話インタビューに先立ち、長井さんへの追悼の意を表したのは、人間として至極当然。このような公使がいたのかと、涙が出た。

ミャンマー政府に、それをバックアップしている国々に、もっと怒らなければならない。

許せぬ。
[PR]
by namuko06 | 2007-09-28 23:29 | ニュース
<< 内藤選手のファンになった マヨネーズ+わさび >>