ふと思いついたこと
by namuko06
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2004年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
69
村上龍「69」。妻夫木聡主演、李相日監督、宮藤官九朗脚本で映画化され、公開中映画の原作である。村上龍が実際に高校生の時に起こしたバリケード封鎖事件は、僕が高校生の時にも伝説として語り継がれており、低俗的な衝動や、高尚な熱き思いを素直に表現し、社会にぶつけていくと言うことが素晴らしく、楽しいということも、伝えられていた。幸いにも僕が通った高校はバンカラな風土が根強く、個人個人の主張をきちんととりあげてくれる先生方が多い学校だった。そのため、比較的自由な生活を送ることが出来た。「69」を読んで、そんな自身の高校生活の隅々まで、みずみずしく思い出すことが出来た。この「69」が収録されている村上龍全集の第1巻目にはこれ以外に彼の初期の作品が連なり、時系列的に高校生から大学生という村上龍の成長する眼で騙られた物語が掲載されている。シャープで、切り口がするどい映像を見せられるような村上龍の文体は、僕の記憶や、その時の感情だけでなく、においまでも呼び起こしてくれる。読むのに時間のかかる作品ばかりだ。
[PR]
by namuko06 | 2004-07-29 10:22 | 読書
攻殻機動隊 S.A.C
21日に読み終わったのが「攻殻機動隊 S.A.C」。映画マトリックスの原型ともいえる日本のアニメ「攻殻機動隊 Ghost in the Shell」の続編アニメーション「攻殻機動隊 S.A.C」の番外編が小説になったモノだ。S.A.CはStand Alone Complexの略称。物語自体が精密に構築されているし、メッセージ性もかなり高い。それでいて僕の興味である、認知論、複雑系の話題も豊富にちりばめてある。アニメおたくではないが、このアニメはかなり好きな部類だ。小説はゲーム・シナリオ作家が書いたモノで、押井守監督の「イノセンス」の脚本も手がけた若手気鋭の作家である。
[PR]
by namuko06 | 2004-07-23 10:21 | 読書
PC300K きた〜!
d0053733_11154352.jpg
届きましたよ〜PC300K!早速試したところ、思ったより綺麗な映像! 最初に撮ったのが鈴虫の静止画像!マクロ撮影もなかなか。
[PR]
by namuko06 | 2004-07-15 11:15 | 日記
SONY DCR-PC300Kを注文
デジカメか、ビデオカメラかと悩んでいたが、SONY DCR-PC300Kが販売終了になったので、慌てて注文した。在庫が残っているのか、通販先から返事がない。少し不安。
PC350が近々発売されるし、HC88も9月には出るのだが、待ちきれない! それにしても、発売開始以来1年で、販売終了とは、いったいなぜ?
[PR]
by namuko06 | 2004-07-13 11:10 | 日記
オレンジデイズ、東京湾景
「オレンジデイズ」(北川悦吏子著)、「東京湾景」(吉田修一著)。前者は人気テレビドラマのノベライズ版。柴門ふみの漫画「あすなろ白書」的な話。青春期の自己愛に満ちた登場人物達が、成長していく姿がさわやか。後者は作者自身が「愛」に失望しているのか、読者を混乱させる目的なのかわからないが、出会い系サイトでなぜか出会った男女が惹かれ合う過程を凝った作りで表現した。TVドラマとは全く別物のようだ。
[PR]
by namuko06 | 2004-07-09 10:20 | 読書
ニュートリノ振動確認!
いやぁ~、すごい。自然界のニュートリノを観測し、振動を発見したのだ。これまで、筑波の高エネルギー加速器機構の加速器から人工的にニュートリノを生成して、飛騨のスーパーカミオカンデに打ち込んで、6月にニュートリノ振動を発見したのだが、この経験を生かして、宇宙から降り注いでいるニュートリノを観測して、今回の大発見へとつながった。ニュートリノは宇宙創生の秘密を解く鍵ともいわれており、理論的には質量を持たないものであるが、実験で振動=質量を持つことになると、理論(標準理論と呼んでいる)の大幅な書き換えが必要になり、物理学界は大騒動になる。ふたたび素粒子分野が日本の独壇場になりつつあるなぁ。みんながんばれ!
[PR]
by namuko06 | 2004-07-06 10:19 | コンピュータ/科学
ニュートリノの振動確認!?
まだ、確認がとれていないが、ニュートリノが振動していることを確認したというニュースが聞こえてきた。どこで、誰が、確認したのか。もしそうであれば、かつてスーパーカミオカンデで確認されたニュートリノに質量があるということが、客観的に証明されたことになる。速く詳細のニュースを聞きたい!
[PR]
by namuko06 | 2004-07-05 10:18 | コンピュータ/科学
土星
NASAのホームページでは、カッシーニの土星観察の様子が、続々と報告されている。土星の衛星タイタンに接近した探査衛星カッシーニは、南極の雲らしきものを撮影した。いよいよHuygensという着陸船をタイタンに送り出すための観測も始まっているようだ。近いうちに、タイタン表面の写真も眼にすることが出来る。楽しみである。
[PR]
by namuko06 | 2004-07-04 10:17 | コンピュータ/科学
追悼 マーロン・ブランド
彼の映画を最初に見たのは、「地獄の黙示録」だった。ベトナム戦争中、狂気にとりつかれた将校の役だった。この映画でも、ゴッドファーザーでも、光を正面に受けないで、陰の中の演技が、抜群に美しい俳優だった。陰の中に浮かび上がる演技が際だつあまり、一枚の絵~まるでレンブラントが描いたかのような~が動いているようにも感じられた。怪優とも評される故人だが、役作り、映画作りに対する情熱は、ロバート・デニーロをはじめとする、多くの役者へ受け継がれている。合掌。
[PR]
by namuko06 | 2004-07-03 10:16 | 映画/ドラマ
フセイン
劇的な映像だった。やや、やつれた白髪交じりの豊かな髭を蓄えたその老人は、半ばおびえた目で、威嚇するような口ぶりで、裁判官らへ議論を吹きかけていた。テレビカメラを十分に意識したこの男の話す内容には、イラクの地下へ潜んだ残党へ向けたメッセージも含まれていたに違いない。それがどのようなメッセージかは知るよしがないが、形ばかりとはいえ、主権を手にいれたこの政府が、元大統領を裁くべく法律をもたないこの国を今後どのように形作って行くのか。フセインの裁判の行方が気になる。
[PR]
by namuko06 | 2004-07-02 10:15 | ニュース