ふと思いついたこと
by namuko06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2004年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
臨機応答・変問自在〈2〉
森博嗣先生の「臨機応答・変問自在〈2〉」を読了。N大学の建築学部の教授であり小説家の森先生は、学生に質問させて成績を評価するという。その質問集を文庫化したもの。僕も学生時代は良い質問をすることが良い研究者への近道と、先生方に厳しく指導されたものだ。質問することにより理解を深めるとともに、自分自身で理解したことを客観視することができるのが、よい質問である。とはいうものの質問されて四苦八苦した思いはどんな人にもあるものだ。一概に西欧の人間は比較的良い質問をしてくる。日本では学ぶことはまず無いが、西欧では修辞学という学問があり、人間のコミュニケーションに必要なルールなどを体系的に学んでいるのだ。この「臨機応答...」では、こういったことを実例を交えながら、おもしろおかしく学ぶことが出来る。ちなみにこの本は続編が出ているそうだが、僕はまだお目にかかっていない。
[PR]
by namuko06 | 2004-08-29 10:30 | 読書
レスキュー
以前PCレスキューを行ったお宅に、DVD装置増設と、家庭内LANの無線化を行った。そのときに、PCから出るわ出るわ、ウィルス、ワームの魑魅魍魎。ついこのまえの、ekenさん、I家のマシンを思い出してしまった。なんとか退治してみたものの、この後どうなるだろう... もともと他人が作った手作りPCを譲り受けたものらしく、きちんと作り直したいところなのだが、オーナーの気持ち次第。資金は豊富にあるのだから、最強マシンにしましょうよ=。それにしてもウィルスソフトウェアをきちんと導入して防御しておくことは大切ですよ。皆さん。僕も最近最新版のウィルス検知・駆除ソフトにしました。当然スパム対策ソフトウェアも導入済み。
[PR]
by namuko06 | 2004-08-28 10:29 | コンピュータ/科学
オリンピック!
 グレコローマン・レスリング男子 笹本選手の敗退には心が痛む。相手が防御するために笹本選手の下半身を触れるという反則を犯していたのだが、ビデオ審判を通して判定が覆された。不思議なのは、ビデオ撮影をしているのが一方向からだけである点。日本の相撲でも正面と向上面からの2カ所さらに斜めからの角度から撮影して、それらを総合的に見てビデオ判定しているというのに。さらに、撮影しているビデオが家庭用のハンディカムだった。これも画像精度の面からお粗末!DV形式だと1秒間に30フレームしか記録できないため、100分の一秒での動きなどは簡単に見逃してしまう。せめて映像プロ用基材を使って120分の1秒毎に記録して、再現して欲しいものだ。国の威信をかけ、各競技団体の威信をかけた聖なる祭典が、人間の阿呆加減によって地に落ちてしまった。
 レスリングといえば、大学1年次、私のクラス担任がオリンピック銀メダリストの先生だった。なぜかボート部の勧誘をしていて川口のボート上まで連れて行かれ、無理矢理ボートに乗せられた。はじめは面白いなと思っていたが、あまりのつらさに、ボート部への入部は断ったが。大学卒業後2度ばかり街でばったりお会いして、コーヒーをごちそうになったりしたのだが、その後ご無沙汰している。今回の笹本選手の件をどう見られただろうか。
[PR]
by namuko06 | 2004-08-27 10:27 | スポーツ
人間の証明
 今日森村誠一「人間の証明」を読了。TVドラマで同名のシーケンスが始まったので、原作はどうだったかしら、と気になって読んだ。原作は「証明」されたのが家族とか母親の本質といったものであり、人間の尊厳に関わる証明ではなく、がっかりしたのだが、TVドラマではどのような展開になるのか。ドラマの現段階では登場人物の人間性をステレオタイプに的確に描いてきているので、最終回に期待ができる。
 どうも最近の僕の読書傾向はビジュアルメディアと活字の並行理解が多い。イマジネーションが欠乏してきたからなのか? 現在進行中の本は、森博嗣の「臨機応変・変問自在」と「攻殻機動隊 S.A.C 凍える機械」、「9/11 Commision Report」。どれも純文学ではないな。いかんいかん。昨年のノーベル文学賞 高行健の「霊山」もひかえているのだが、斜め読みしたときに読む側のパワーが必要だと感じたので、まだ寝かせてある。涼しくなったらトライしよう。
[PR]
by namuko06 | 2004-08-26 10:26 | 読書
デスクトップ機完成!
以前壊れたPCの部品を抜き取って、自分でPCケースとDVDドライブ等を買い足して1台PCを作った。PentiumIII 733MHz 512MBytes 30GBytesHDDという初級者クラスのPCだが、なんとか動くようになった。最初は煙を上げるなど、やや不安な気持ちだったが、快調である。今のところ家庭内LANのプリンタサーバ、ファイルサーバ、TVサーバといったところが役目になりつつある。
[PR]
by namuko06 | 2004-08-08 10:25 | コンピュータ/科学
レスキュー
今日は午後会社を休んで、昔お世話になった方のお宅へ、PCレスキューに行った。一ヶ月間米国へ行っていて、帰ってきたらPCが起動しない!ということ。内蔵電池が切れたか?と思ったが、どうやら窓際においていたらしく、今年の異常気象灼熱で、電源ユニットのコンデンサがいかれたようだ。テスタで調べたところ、DC12Vであるべき出力がなんと52Vも!そこで新宿のビックカメラでATX電源ユニットを購入し交換してみたら無事動いた。異常電圧で、マザーボードもCDやハードディスクも壊れていなかった。
 ついでに、PentiumIII用のマザーボードを購入。余っているパーツで一台マシンを組み立てよう~♪ ケースは木製手作りが良いかな~
[PR]
by namuko06 | 2004-08-05 10:24 | コンピュータ/科学
カッシーニ その後
土星近辺を探査している人工衛星カッシーニが、土星の月であるミマスの撮影を行った。その写真にはなんと!直径130キロメートル、深さ10キロメートルの巨大クレーターがうつっていたのだ。まるで目玉おやじ! ミマス自身の直径が398キロメートルなので、クレーターの巨大さも実感できるだろう。これだけ大きなクレーターができているということはミマス自身も大きく歪んだ天体になっていても不思議ではないが、写真を見る限りほぼ球体である。いったいどのような物質で形成されているのだろうか?
[PR]
by namuko06 | 2004-08-02 10:23 | コンピュータ/科学