ふと思いついたこと
by namuko06
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2007年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
口べたな割には、批判は明確だった小沢代表
民主党の小沢代表の釈明は信じられない。まるで東北の人々がすべて口べたであるような印象を受ける。能弁な東北人も多い。党首たるもの、このような口先だけの釈明をするというのは、どうも信用ならない。だって、辞意表明の記者会見では、あれだけ能弁に民主党批判を行っていたではないか。

小沢代表「口べたな東北かたぎ」と釈明

(11月7日17時22分配信 産経新聞)

 「口べたな東北かたぎでして」。7日午後、東京・永田町の民主党本部で衆参両院議員懇談会に出席した小沢一郎代表。居並ぶ国会議員らを前に「辞職願提出は不器用だった」と釈明した“壊し屋”の目は、潤んでいた。
 詰めかけた報道陣がビルの外にまであふれ、異様な熱気に包まれた党本部。マイクに向かった小沢氏はまず深々と一礼し、くちびるをかみ締めながら話した。
 「自分は口べたな東北かたぎでして…」。小沢氏がこう話すと、それまで息をのむように静まり返っていた出席者から笑いが漏れ、場の雰囲気がわずかに和らいだ。
 「みんなで頑張りましょう」との言葉で着席した小沢氏に向かって、割れるような拍手と「そうだ、頑張ろう!」との声が飛ぶ。小沢氏は立ち上がって「ありがとうございました」と再び頭を下げた。
 しかし、続く質疑応答では国会議員から「民主党と国民にギャップがある」「お忙しい体で大変だろうが、代議士会や本会議にもご出席いただきたい」などと厳しい意見が続出。首を傾け、目を閉じて神妙な面持ちで聞き入る小沢氏の顔には、疲れがにじんでいた。

[PR]
by namuko06 | 2007-11-07 18:25 | ニュース