ふと思いついたこと
by namuko06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ:訃報 ( 4 ) タグの人気記事
「14歳からの哲学」池田晶子さん死去 46歳、腎がん
「14歳からの哲学」池田晶子さん死去 46歳、腎がん
2007年03月02日17時12分
 27万部のベストセラーになった「14歳からの哲学」で知られる文筆家の池田晶子(いけだ・あきこ、本名伊藤晶子=いとう・あきこ)さんが2月23日、腎臓がんのため死去した。46歳。葬儀は近親者ですませた。

池田晶子さん
 慶応義塾大哲学科卒。専門用語を使わず、わかりやすく哲学を考えるエッセーで若い読者に読まれ、「14歳からの哲学」は中学校の道徳の副読本にも使われている。他の著書に「14歳の君へ」「知ることより考えること」など。昨夏、病気がわかり入院、いったん退院したが、今年1月に再入院した。亡くなる直前まで、週刊誌の連載執筆を続けていた。
<朝日新聞>


この人には期待していた。これから、同じ年代でもあり、これから老いを重ねることで、どのような思索を経て、あらたな表現が生まれるのか、本当に期待していた。あぁ、大切な人を失った気持ちで一杯だ。
[PR]
by namuko06 | 2007-03-02 20:00 | ニュース
ご冥福をお祈りします
<東武線事故>女性救助で6日から重体だった巡査部長、死亡

とにかくご冥福をお祈りします。

とっさの出来事とはいえ、駅ホームにある緊急ボタンが押されていなかったのが気がかりだ。事故場所の直前まで電車の運転手が気づくことが出来なかったのも辛い話だ。気づいたとしても、間に合わなかったかもしれないが、今の踏切という「システム」上に重大なリスクが存在しているのは事実だ。

人間による緊急発報も必要だが、遮断機が下りた踏切での侵入検知を自動化するとか、そういった工夫も必要だ。自動化すると無理に渡る人や、鳥などによって緊急停止が増え、ダイヤが乱れるという問題もあるかもしれないが、人命より貴重なものはないと思う。

自動検知は、赤外線センサーをホーム下の線路上、踏切上などをメッシュで覆っておけばよい。電車が通過するタイミングはわかっているのだから、電車とそうでないものの区別は簡単にできる。無理に踏切を渡ろうとする者は、その赤外線センサーのメッシュにかかり、警告を促すメッセージを流すことができるなど、いろいろな対応が拡張可能だ。
[PR]
by namuko06 | 2007-02-12 17:54 | ニュース
青島さん、岸田さん
元東京都知事、放送作家の青島幸雄さんが亡くなった。また私にとってはムーミンの声優として印象に残っている岸田今日子さんも亡くなった。青島さんはなんといってもクレージキャッツとの共演したテレビ番組が、ずーっと記憶に残っている。

お二人とも、日本のテレビ、ドラマ、演劇界において貴重でかつ印象深い人たちだった。やすらかにおやすみください。ご冥福をお祈りしております。
[PR]
by namuko06 | 2006-12-20 16:11 | ニュース
ご冥福をお祈りします
吉村昭氏が死去 「破獄」などの作家
[08月01日 20時35分 ] 共同通信

 「戦艦武蔵」などの記録文学や「破獄」などの歴史小説で知られる作家の吉村昭(よしむら・あきら)氏が7月31日午前2時38分、膵臓(すいぞう)がんのため東京都三鷹市の自宅で死去した。79歳。東京都出身。葬儀・告別式は親族のみで行う。お別れの会を後日開く予定。連絡先は東京都新宿区矢来町71、新潮社出版部。喪主は長男司(つかさ)氏。妻は作家の津村節子さん。
 学生のころ肺結核で死と向き合った経験から文学を志し、66年に「星への旅」で太宰治賞。「戦艦武蔵」や「関東大震災」などで記録文学の新境地を開き、73年に菊池寛賞を受賞した。
 一方で歴史小説を次々に手掛け、85年「破獄」で読売文学賞と芸術選奨文部大臣賞。94年「天狗争乱」で大仏次郎賞を受賞した。97年に日本芸術院会員。

79歳とは、若すぎる。歴史舞台の裏でうごめいた人々に光をあて、ひとつの歴史を複視眼的にみることを教えてくれた作家だった。ありがとうございました、安らかにお休みください。ご冥福をお祈りしております。
[PR]
by namuko06 | 2006-08-01 21:04 | ニュース