ふと思いついたこと
by namuko06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ:読書 ( 5 ) タグの人気記事
著作権の狭間
「シナリオ」2月号の中島丈博氏の怒り心頭した記事は、興味深かった。歌手森進一による「おふくろさん」改ざん行為など、著作権に関する無関心さがクローズアップされている今、ドラマ制作の裏舞台でも同様な行為が平然と行われていることがわかった。制作現場では、たたき台の脚本を全員でたたき直してよいものにしていいくという行為は当然行われているだろうが、筆を入れるのは必ず脚本家であるべきであり、そうであると信じていたが、中島氏の告発記事は、醜い人間の性を明らかにしている。その人間だが、広告批評の2000年6月号No.239で以下のようにインタビューに答えている。
──いまの、なんともいえない世紀末のドロドロした気分を表現する映画は、いっぱいある。でも、ここからどうするかというところに、そろそろ作り手が向かっていかないといけないんじゃないか。大学の美学の授業で、唯一、教授の言葉で心に残っているのが、クリエイション=創造することと、デストロイ=破壊することは違うんだ、破壊することはだれにでもできるけれど、そこからリコンストラクトして、もう一つクレアチオン、再創造するということに、人間の芸術の根源的意味があるんじゃないか、と言ったことだった。すべての芸術のモチベーションになるのは、前のものの否定だけれど、その次に何を構築していくか、いま、それを考えるときに来てるような気がするんですね。

すなわち、この人間にとって、中島氏が書いた脚本はデストロイの対象で、それを自分がリコンストラクト(再構築)して、書き直すことが必然である、と言いたいのだろう。それならそれで、ドラマのクレジットに脚本に自分の名前を冠すればよいのだが、予告段階では2話構成で、それぞれ異なる脚本家名がでている。卑怯きわまりない。
 中島氏の怒りは、とてもよくわかる。また、この醜い人間の作ったものは、今後一切見ないと肝に銘じた。
[PR]
by namuko06 | 2007-03-08 14:43 | 映画/ドラマ
「14歳からの哲学」池田晶子さん死去 46歳、腎がん
「14歳からの哲学」池田晶子さん死去 46歳、腎がん
2007年03月02日17時12分
 27万部のベストセラーになった「14歳からの哲学」で知られる文筆家の池田晶子(いけだ・あきこ、本名伊藤晶子=いとう・あきこ)さんが2月23日、腎臓がんのため死去した。46歳。葬儀は近親者ですませた。

池田晶子さん
 慶応義塾大哲学科卒。専門用語を使わず、わかりやすく哲学を考えるエッセーで若い読者に読まれ、「14歳からの哲学」は中学校の道徳の副読本にも使われている。他の著書に「14歳の君へ」「知ることより考えること」など。昨夏、病気がわかり入院、いったん退院したが、今年1月に再入院した。亡くなる直前まで、週刊誌の連載執筆を続けていた。
<朝日新聞>


この人には期待していた。これから、同じ年代でもあり、これから老いを重ねることで、どのような思索を経て、あらたな表現が生まれるのか、本当に期待していた。あぁ、大切な人を失った気持ちで一杯だ。
[PR]
by namuko06 | 2007-03-02 20:00 | ニュース
ご冥福をお祈りします
吉村昭氏が死去 「破獄」などの作家
[08月01日 20時35分 ] 共同通信

 「戦艦武蔵」などの記録文学や「破獄」などの歴史小説で知られる作家の吉村昭(よしむら・あきら)氏が7月31日午前2時38分、膵臓(すいぞう)がんのため東京都三鷹市の自宅で死去した。79歳。東京都出身。葬儀・告別式は親族のみで行う。お別れの会を後日開く予定。連絡先は東京都新宿区矢来町71、新潮社出版部。喪主は長男司(つかさ)氏。妻は作家の津村節子さん。
 学生のころ肺結核で死と向き合った経験から文学を志し、66年に「星への旅」で太宰治賞。「戦艦武蔵」や「関東大震災」などで記録文学の新境地を開き、73年に菊池寛賞を受賞した。
 一方で歴史小説を次々に手掛け、85年「破獄」で読売文学賞と芸術選奨文部大臣賞。94年「天狗争乱」で大仏次郎賞を受賞した。97年に日本芸術院会員。

79歳とは、若すぎる。歴史舞台の裏でうごめいた人々に光をあて、ひとつの歴史を複視眼的にみることを教えてくれた作家だった。ありがとうございました、安らかにお休みください。ご冥福をお祈りしております。
[PR]
by namuko06 | 2006-08-01 21:04 | ニュース
ああ息子
 西原 理恵子 さんの「ああ息子」読了。全国から投稿された、息子の生態に関する母親の観察記録である。などと堅苦しく書いてみたが、内容は、草を食べる、おしっこはそのへんにしちゃう、雨が降っても傘をささないなど、母親には理解できない息子達の行動を見つめる、あきらめと、挫折、そして愛を語ったものだ。腹をかかえて笑ったり、ほろりとさせられたり。あっというまに読了。
 うちの子も面白かった。うちの子の友達も面白かったなぁ。これから少しずつ書いてみよう。
[PR]
by namuko06 | 2006-05-15 21:31 | 読書
「美しさ」を伝える方法は?
 藤原正彦著『国家の品格』読了。さすがベストセラーだけあって、読みやすい本だった。内容も理解しやすく、納得のいくもの。本の帯に書かれた過激なコピーに買うのを躊躇していたが、読んで良かったと思う一冊だった。
 100%、著者の言うとおりだとは思わないし、表現の仕方にも過激だったり、物足りなかったりするところもあるが、共感を得る部分は多い。特に「論理の出発点は仮定」「長い論理には注意しろ」といった、なにかを実行する上での理屈をこねる際に、私も気をつけている点であり、他人の意見などもこの2点についてよく注意して見ているからだ。本のタイトルになっている品格については、共感半々といったところ。論理よりも情緒を育てることはよくわかるのだが、著者が言っておられるように、情緒は蓄積しない、それをどうやって移転し蓄積し、育てていくかというところが、私自身に回答がない。もう少し考えていかなければならないテーマだと実感した。
 「美的感覚」の重要さは、数学ばかりではなく、工学の分野すべてにおいて重要である。昔、コンピュータ・プログラムを書いているときに、先輩に、「美しいコードを書きなさい、そして証明できること」とよく言われた。「証明できる」とはいわゆる関数型プログラミングを心得よ、という意味なのだが、「美しいコード」というのには泣かされた。先輩の美的感覚がどうしても自分の美的感覚が合わないときもあり、しきりに記述し直しという目にあったからだ。しかし、そうやっているうちに、コードの美しさとはどうあるべきか、というルール化をとうして、自分の美的感覚は磨かれていき、さらに美しいコードを追求できるようになった。この感覚は、数十年が経った今でも生きているようで、若い人が書いたプログラムをみて、「きたない」「きれい」という感想の方が、プログラムの論理構造よりも先に感じる。大方きたないプログラムは、構造もあやしく、バグも多い。おそらく、「美しさ」の中に、精密さ、正確さ、幾何学的な要素のような感覚も含まれているのだろう。ただし、このような情緒的な感覚を、後進に伝えるのはきわめて難しい。私が教わったように、徹底的に叩かれて身をもって覚えるしかないのかもしれない。
[PR]
by namuko06 | 2006-03-28 15:21 | 読書