X'masプレゼントとなるのか?
パレスチナのハマスによる内閣が発足したことで、正式にイスラエル政府との交渉が行えるようになった。当面はこの内閣がパレスチナの悩める民衆達の窓口だが、果たして安定した内政が今後も継続できるのか大いに不安だが、今回の凍結されていた関税1億ドルは、この政府にとって、またパレスチナ国民にとっても、おおきなクリスマスプレゼントとなるに違いない。そうなることを願っている。
関税送金の凍結を一部解除 イスラエルとパレスチナが合意 [ 12月24日 07時54分 ] 共同通信

 【エルサレム24日共同】イスラエルのオルメルト首相は23日夜、パレスチナ自治政府のアッバス議長とエルサレムの首相公邸で会談し、今年3月のイスラム原理主義組織ハマスの内閣発足に伴いイスラエルが凍結してきた自治政府分の関税のうち1億ドル(約119億円)を送金することで合意した。アッバス議長側近が発表した。イスラエルとパレスチナの首脳会談は昨年6月以来、約1年半ぶり。

[PR]
by namuko06 | 2006-12-24 11:42 | ニュース
<< いもしし 青島さん、岸田さん >>